灘言葉(大社弁)


あ行  さ行  た行   な行  は行  ま行  や〜わ行  リターン
 

灘言葉(大社弁)
意 味
がいな たくましい。 強くて丈夫。 (四国 宇和島地方でも)
がいもん 丈夫な子を言う。
かえくる ひっくり返る。 (そぎゃんことになったら かえくるほど おべーがね)
かえさめ 裏返し。 表裏反対。
かがあくさい 焦げ臭い。
かかあご 後継ぎ。 後継者。
かぐる 爪で引っ掻く。 (そげん かぐったら 傷がつくがね)
かけらかす 駆ける。 走る。
がしん(年) 飢饉。 食物が欠乏して人々が飢え苦しむ。 凶年。
かじん かずん 匂いを嗅ぐ。 臭いを嗅ぐ。 (ほら かずんでみーだが におーがね)
がしんたれ 貧乏くさい。 貧しい。 (なに がしんたれ いっちょーかね)
かたこぐち 片っ端から。
かたら とげ。 茨の木。
かっしやん 金庫。 仏壇の下の貴重品をいれる小たんす。 貨安かっしゃん
がっしゃい 下さい。 (おかっつぁん タバコひと箱 がっしゃい)
がっしょがけ 一生懸命。 (あんさん なにをがっしょがけでやっちょうーかね)
かどれい 葬儀参列者へお礼廻り。 玄関の外から礼を言う。
かばち 口がたつ。 口数が多い。
かべえ かべる 帽子を被る。 水を頭から浴びる。
がんながんな 弱々しそう。 がたがたと震える。
かんばする 前方に立ちふさがる。 さえぎる。 壁をつくる。
きいなしまくなし 切がつかない。 幕が降りない。
ききあわせ 問い合わせ。 縁談ごとなど近所で問い合わせる。 (ききあわせ さいたかね)
ぎぎり つむじ。
きこな 頑固。 片意地をはる。 (あのしは いいだしたら きこなだが)
きさんじ すっきりする。
きしゃがわりい いらいらする。 胸くそが悪い。 (きしゃがわるて だまっちょったがね)
ぎったぎった 締め上げる。 制裁を加える。 懲らしめる。
ぎっちぎっち ゆとりがない。 窮屈。 (もう入らんかね? ぎっちぎっちで無理だわ)
きぼそ こわがり。 臆病。 (あのはかばん道は きぼそで 通れんが)
きやかす けやかす 消化。 書いたものを消す。
ぎゃもん こんなもの。  (ぎゃもん だーが書いたかね きやかす だわね)
きらためる よく確かめる。 吟味する。
きんかあたま 禿頭。 金柑頭。 禿げ。
くいさし くいなけ 食べ残し。 (くいさしでわるですが えかったらどげですかいね)
くいだれ ひっきりなしに食べる。
くぐらかす こぐらかす 焦がす。
ぐぐり ぐりぐり リンパ腺の腫れ。 (痛くはねだども グリグリが出てね)
くそめそ 無茶苦茶。 なにもかも。
くただえる 駄々をこねる。 (何を くただえちょーかね 我慢すーだわね)
ぐどぐど ぶつぶつと際限なく小言を言う。
くべる くべえ 焚く。 燃やす。 (そぎゃんもん くべえだねが くさくなーがね)
くらんこむ 真暗になる。 急に暗くなることを、どぐらんでくるとも言う。
くらんさで くらやみ。 真の闇。
くれつばえる 子供がふざけて遊び騒ぐ。
くろびいろ 唇の色がなくなる。
くわせはね いいかげん。 はったり。
くゎんじ 乞食。 物乞いをして歩く人。
ぐゎちなる 怒鳴り散らす。
くゎんめぎ 薪。 貫目で売る。 すぐ使えるよう適当な大きさにした薪。
くんだち 汲みだしたばかりの冷水。
げげす おおよしきり。
げし 岸。 派手派手しい。
けぞ 毛深い人のことを言う。
けたくる 蹴る。 蹴り上げる。 (ゆんべ けたくらいて 痛ていけんが)
げだ 外道。 非常に見下げて、ののしる場合に言う。
げなげなばなし 確証のない話。 想像で言う話。 (あんしの話は いっつもげなげなばなしだが)
けわし 多忙。 忙しい。 (あさから けわして かなわん)
けんげら(骨) 貝がら。 けんこう骨。
こあん 内容。 意味。
ごうご ごうやん 寝る(幼児語)。
こぎる 値切る。
ここうそど 心配で落ち着かない。
こごる 冷たく凍る。 (一番の冷え込みで池がこごったが)
ごさいた くださった。 貰った。
こさげる 残らずさらう。 鍋や釜の底についたものをきれいに取り除く。
こざさ 粉雪。 細雪。
こじける 粉のようにくだける。
こししたる 溢れる。 溢れてこぼれる。
こじょうぶ 沢山。 不足しないように。
ごだっしゃい いらっしゃい。 (こんあめんなか ようごだっしゃったね)
こつける 手足がかじかむ。
ごっと 全部。 ありったけ。 (遠慮はいらんけん ごっと 持っていかしゃしゃい)
こっぺつ 生意気。 小にくらしい様。
ことうぞ 人さらい。 子供をさらう。
こねら 小ねずみ。
ごぼじ よだれ。 零れるの転か。
こまじゃり ほうき。 竹箒。
ごめた まとめて全部。 何もかも。 (それもこれも ごめて なんぼかね)
こめにみる 低くみる。 低くあなどる。 (ちょっとまって こめにみちょうらんかね)
ごよごよ 当たり前のように。 厚かましい。
こんじめんじ 根をつめる。 物事に飽かず気力を使う。
こんずこんず よく乾いたさま。 固くなる。